【ポケモンGO】禁断の秘技 ウル技【イーブイ】

Pokemon GOである。なんだか最近はプレイしている人も少なくなってきたような感じだけれど、筆者は細々と続けている。そのモチベーションはなんなのかと、単刀直入に尋ねられると返答に詰まる。単純に楽しいからって訳でもない。例えば、近所のコンビニエンスストアへ買い物に出掛けたとする。まずはポケモンGOを起動させてからだ。なぜか?その間にタマゴの孵化やら相棒から貰う飴玉を獲られないことを勿体ないと感じてしまう。そ...

Read More

見せてもらおうか、AMDの新型の性能とやらを

AMDの新CPU「RYZEN」は3月3日の午前0時に発売される。まずは「Ryzen 7 1800X」「Ryzen 7 1700X」「Ryzen 7 1700」の3モデルだそうだ。今もメイン機はCore i7 3770KをOCしながら使い続けている。その後、発売されていくことになる「Devils Canyon」Corei7-4790K「Skylake」Core i7-6700K「Kaby Lake」Core i7-7700Kと、興味はあれど動かざること山の如し。CPUの交換に伴ってマザーボードやメモリを入れ換えることが必要となるし、な...

Read More

バイオハザード7 レジテント イービル体験記

自作PCのほうも少し落ち着いてきたところであって、たまにはゲームのことでも書いてみようかと思う。そこで早速、バイオハザード7 グロテスクVer.をSteamから購入してみることにした。なお、ネタバレ含まないので安心して読み進めて欲しい。初代バイオハザードはプレイステーションのころからプレイしていて、かなりやりこんだものだ。バイオハザード3までは記憶に残ってはいるが、その後のものはあまり覚えてはいない。それはFPS...

Read More

自作PCに近づく謎の影

これはブログのため撮影した映像。このあと信じられない恐怖が襲う。突如、誰もいないはずの部屋から物音が・・。自作PCの光源に呼び寄せられたのか、招かざる客が姿をあらわす。応援よろしくです↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 自作PCランキングへ...

Read More

Radeon RX 480 CFXの水冷化温度【追記あり】

改良を重ねた結果、ゲームを2時間くらいプレイし続けても水温は40度くらいで安定するようになった。部屋の温度計は22度を示している。闇雲にラジエーターのファンを高速に回転させれば、さらに水温を下げることはできるのだけれど、静音性とのバランスもある。PCを水冷化するということは、温度の低下を目指すところと静音化したいとの二面性があるから難しい。さらにPCケース内は正圧にしたいということもあって、試行錯誤するこ...

Read More

水冷PCの水温が気になりだしてファンを交換

新年明けましておめでとうございます。2016年もブログを無事に続けることが出来たのは皆さんの応援のおかげです。ありがとうございました。今年も微力ながら役に立つ記事を書ければと思いますので、参考にして頂ければ幸いです。さて、去年もいろいろなことを実践してみたけれど、当面の目標としていたハードチューブを使ったDIY水冷PCも完成して、経験や知識も得ることが出来た。自室でPCを眺めていると、凄いところまで到達した...

Read More

ハードチューブDIY水冷PC完成【be quiet! DARK BASE PRO 900】Radeon RX480 CFX

とりあえずリークテストも無事に終了。実際にPCを起動させてみたい。なんども繰り返したことのあるものなのに少し緊張するのは、なぜなんだろうか。配線は確認した。最後にフィッティング各所に緩みはないか確認をする。さて、運命の瞬間である。カチッ!シュオオオォォ!ケース内は一瞬にして眩い光に包まれる。こいつ動くぞっ!稀にファンが回っていなかったりすることもあるので、扉に隠れたフロント側の吸気ファンの回転をチェ...

Read More

リークテストは失敗 原因はなんだ?

ハードチューブを使った水路は試行錯誤しながらも完成した。そんな中でも流水計の取り付け場所には悩むこととなった。完全な自己満足ではあるが、リザーバー兼ポンプからCPUの水枕に至る経路は美しくなければならない。そこでDARK BASE PRO 900を倒立状態で組み上げた関係上こんな位置に設置してみることにする。しかし、本当に水路形成するときって個性が出てくるから面白い。最短距離で形成していくのがセオリーなんだろうけれど...

Read More

失敗を繰り返しながらもハードチューブを曲げることに成功

ハードチューブのベンティング。動画やインターネットを見ていると、比較的簡単に曲げることが出来るイメージであった。しかし、コツを掴むまでは失敗を繰り返してしまったので今回はそんな話。まず準備したのは、Bitspower None Chamfer PETG Link Tube OD12MM-Length 500MM・Bitspower Hard Tube Silicone Bending・Bitspower Mandrels OD12MM Kit・ヒートガン・水性ペン・軍手。水性ペンでハードチューブの曲げたい所へマーキン...

Read More

始めてのVGAウォーターブロック取り付け

今回はAqua Computerのkryographics for Radeon RX 480 acrylic glass editionの取り付けをしてみたいと思う。まずは赤い丸で示したネジを取り外す。次はバックプレート面へ移行。これでもかってくらいネジで固定されているが、地道にコツコツとネジを回し続けること数分後。最後の関門。リファレンスクーラーのファンケーブルを取り外すことには硬くて苦労したが・・。パカッ!グリスを拭き取るとこんな姿をしている。思ったより...

Read More

DIY水冷化計画始動

ここから新たなステージへ進む。ハードチューブを使用したPCの水冷化に挑んでいきたいと思う。すでに少し前から構想はあって、フィッティング・ヒートガン・GPUのウォーターブロックは用意していたのだけれど、PCケースが決まらないままでいたのだ。いろいろ悩んだ結果、be quiet!のDARK BASE PRO 900にすることにした。決め手としては、静音性にも優れていそうだし、強化ガラスのサイドパネルであること、組み換え可能なギミック...

Read More

誰でも最初は素人

フランスの小説家ジュール・ヴェルヌの名言として「人間が想像できることは、人間が必ず実現できる」いうものがある。船・飛行機・電気・スマートフォンなど挙げていけばいろいろとあるだろう。以前から自作PCをしていたものの、水冷パーツの入手性は悪く、水冷パーツ選びや組み立て手順の参考例が少ないし、相談できるところが少ないということもあって、本格水冷といわれるものは想像上でのものであったわけだ。憧れであって叶わ...

Read More

床にフロアタイルを敷いてみた

床の経年劣化。それは避けることが出来ないもの。部屋の模様替えもしたいとは思っていたところではあったので、まずは床にフロアタイルを貼ってみることにした。綺麗なところもあるが、所々に小傷がついてしまったりしている。フロアタイルはシールタイプのものを使用。糊付けの必要もなく、貼り付けは簡単だ。部屋の角から作業を開始する。テレビ台の移動で腰を痛めるも、作業は順調に進む。中間点で切れ目が入るように配列してい...

Read More

PCケース選びって難しいよね

仕事の関係で秋葉原に立ち寄ることになった。午後にはフリーになる。そうなれば、PCショップ巡りをすることは言うまでもないこと。秋色づいた葉が風に漂う季節。紅葉が見頃になり、霜枯れの野に冬の気配が濃くなってきた。きょうは天気も良く、いつもより心なしか歩調が早い。今は便利な世の中になって、インターネットで手軽にPCパーツを購入することが出来るのだけれど、店頭に展示されているものを見るだけでも楽しいものだ。そ...

Read More

サイドパネルに浮かぶゴースト

これはブログのために撮影した自作PCの画像。時間は深夜2時すぎ。部屋には自分ひとりしかいなかったのだが・・。撮影者はここで奇妙なものを見つける。感じる・・。この射てつくような妖気は・・一体何だ・・?!PCケース内のエアフローを阻害するだけであって、百害あって一利なし。全くもって意味はないのだけれど遊び心で、こんなことをしてみたくなった。これにはマザーボードのUSB2.0ヘッダピン→USB TypeAポートに変換するア...

Read More